【報告】iPS×モンキーマジックという未来に向けて! - レポート詳細 - 活動レポート - NPO法人モンキーマジック

レポート詳細

2017年 06月 19日(月)

NPO活動

【報告】iPS×モンキーマジックという未来に向けて!

今初冬、日本の兵庫県に「神戸アイセンター」という、iPS細胞を活用した
網膜再生治療の世界最先端眼科病院が出来る予定で、そこにはこれまでにない規模の
視覚障害リハビリテーションを目的としたフロアが開設されます。

そしてなんと!

その一角にはボルダリングウォールがレクリエーションプログラムの提供を目的に
設置されることになり、私たちNPO法人モンキーマジックが計画からかかわらせていただき、
センターのオープンより運営を担当することとなりました。

昨年、iPS網膜再生医療開発プロジェクトリーダーの高橋政代先生に直接お声掛けいただき、
驚きとともに準備が始まり、最近次第に壁が出来ることもオープンになり始めましたので、
ご報告いたします。

「再生治療」と聞くと、全然目の見えなかった人が、視力を回復したように
きれいにはっきり見えるようになるような印象がありますが、実際は、
現在の技術ではもののシルエットや輪郭が見えるようになるのが限界なのだそうです。

そこで、そこまで視力が回復した方々に、白杖の使い方やお料理の仕方、パソコン、
スマホの使い方など、様々な生活訓練や相談などの視覚障害リハビリテーションが
あわせて提供されると、全く見えなかった方々にとっては、ただ「見える」に
留まらないレベルで「生活」が変わってくる、というわけです。

「ではなぜクライミングウォール?」と考える方もおられると思います。
やはり生活の質をより豊かにするためには、やらなければならないことだけではなく、
レクリエーションの提案も必要。

そこで、年齢や運動経験などを問わず、障害があってもなくても生涯楽しめるスポーツ
としてクライミングにスポットライトを当てていただいた!と言う訳です。

今回のクライミングウォールには、モンキーマジックが10年以上続けてきた
活動の中で培った経験を活かし、日本の未来の扉を開けるであろうこの施設にふさわしい
恐らく世界中これまでどこにもなかったような提案をお届けできる予定です。

よりよいものをお披露目できるように準備を進めてまいりますので、続報にご期待ください!

 

【ロービジョンケアフロアの運営 | 事業内容 | 公益社団法人NEXT VISION】
https://nextvision.or.jp/project/carefloor

▲トップへ戻る