【告知】8/22(水)真っ暗闇で楽しむ「くらやみ落語会」今年もモンキーマジック共催で開催! - レポート詳細 - 活動レポート - NPO法人モンキーマジック

レポート詳細

2018年 08月 04日(土)

主催イベント

【告知】8/22(水)真っ暗闇で楽しむ「くらやみ落語会」今年もモンキーマジック共催で開催!

今年もNPOモンキーマジック番外編!
夏真っ盛りの8月22日(水)に、立川志の彦さんによる「くらやみ落語会」開催します!!
このイベントはクライミングではなく、その名の通り、会場を真っ暗にして自分の感覚を頼りに、落語を「聞く」会です。

 

ちょっとした懇親会もご用意している大人の落語会。「まっくら」になる時間があります。
真っ暗闇のなか、自分の感覚だけを頼りに五感を研ぎすませて、人間の情を味わう贅沢な時間を過ごしてみませんか?

今年も、アクセシビリティの高いイベントとして、どなたでも楽しんでいただけるイベントとなっております。

 

 【立川志の彦さんよりメッセージ】

落語は『見る』でなく、『聞く』といいます。

歌うように語り、聞き手に気持ちよく聞いてもらうことが大切です。 

お客様を眠らせるようになったら一人前だ。へたくそなやつの芸は耳触りで眠れない。と、言われているほどです。 

落語は言葉だけで世界を作る芸です。 ですから環境がとても大切で、 携帯電話の音や、関係のない音がひとつするだけで、噺の世界は崩れてしまいます。

以前、視覚障害の方が落語を聞きに来てくれたことがありました。

お世辞かもしれませんが、とても楽しかったと言ってくれました。

彼らはよくラジオやCDで落語を聞くそうで、落語が好きな人は視覚障害者の中にはたくさんいるそうです。 

そのとき、 暗闇で落語をやったらどうなるのだろう? と、ふと頭に浮かびました。 

真っ暗にして、演者の言葉だけしか情報が与えられない環境で落語をやったらどうなるんだろう。 

噺の世界のより深いところまで入りこめて、大爆笑が起こるのか? 

それとも、シーンとして笑い声は起こらず、志の彦が暗闇の世界で一人ぼっちの迷子になるのか? 

それとも、終演後、明りをつけたら全員が寝ているという奇跡が起こるのか? どんなライブになるかは予測不能です。

すべてが真っ暗闇の中での落語という構成ではございません。 

ちゃんと笑って楽しんでいただける楽しいイベントにいたしますので、 大人の夏休みの自由研究として、ぜひご参加ください!

 

<立川志の彦>

落語立川流 立川志の輔一門。
1983年5月28日生まれ。
2007年10月 立川志の輔に入門。
2014年4月に二ツ目昇進。

 

毎月渋谷にあるミニシアターUPLINKにて開催している『立川志の彦落語会 in UPLINK』は
毎回満員になる人気公演!普段落語に馴染みのない若い世代もたくさんライブに足を運んでいます。
子どもからご年配の方まで落語の楽しさを伝えるために日々精力的に活動中の若手落語家!

http://shinohiko.com/

 

 

【 開催概要 】

■ 日付:2018年8月22日(水)
■ 時間:19:30開演(19:15開場) 21:30~ 懇親会
■ 参加費:3,500円
■ 定員: 35名程度
■ 会場:co-ba library(co-ba shibuya 6F) https://co-ba.net/shibuya/access/
■ お申し込み:下記のフォームよりお一人ずつお申し込みください。

https://kurayamirakugo2018.peatix.com/

 ※ Facebookの参加ボタンだけではお申し込みになりませんので、ご了承ください。
※ Peatixでの購入が難しい方は、info@co-ba.net までご連絡ください。

■ 注意事項:
・公演中、会場を真っ暗な状況にする時間帯があります。
・演出の都合により、途中入場の受付を制限させていただく場合がございます。
・当日、アイメイト(盲導犬)も来場予定です。(動物アレルギーなどある方、ご相談ください。)

 

【共催】<co-ba shibuya>
co-ba shibuya(コーバ 渋谷)は、渋谷駅新南口徒歩3分の会員制シェアードワークプレイスです。起業家、WEBデザイナー、エンジニア、コピーライター、放送作家、イラストレーター、グラフィックデザイナー、写真家、建築家、公認会計士、NPO関係の方など、様々なジャンルの方が集まり、場所を共有するだけではなく、コミュニケーションやコラボレーションを行いながら、それぞれのチャレンジを実践していく場所です。

http://tsukuruba.com/co-ba/shibuya/

画像

▲トップへ戻る