筑波大学大学院の特別授業をボルダリングジムモンキーマジックつくばQ'tで開催しました。 - レポート詳細 - 活動レポート - NPO法人モンキーマジック

レポート詳細

2020年 07月 07日(火)12:00

受託イベント

筑波大学大学院の特別授業をボルダリングジムモンキーマジックつくばQ'tで開催しました。

7月1日(水)、筑波大学大学院-Tsukuba International Academy for Sport Studies(TIAS)のオリンピックパラリンピック教育コースの学生を対象に、代表小林がゲストスピーカーとして授業を担当させていただきました。

当日はボルダリングジム@モンキーマジックつくばを特別教室として貸し切り、講演後は実際に学生にもクライミングを体験してもらうことが出来ました。

昨年に続きご依頼いただいたこの授業、今期の学生さんもチェコ、カンボジア、シンガポール、モンゴル、インド、タンザニア、ボツワナ、オーストラリア、ペルー、ヨルダン・・・そして先生は中国とキルギスの方、と、本当にインターナショナル!

オンラインでの授業が続き、こうして顔を合わせての授業は今期これが初めてだったそうで、学生さんたちも講義後のクライミングもとても楽しそうに取り組んでいました。

この筑波大学のプログラムはオリンピック・パラリンピックが予定されていた今期で終了とのこと。ここでもオリンピック・パラリンピックを通じた国際交流の流れが途絶えてしまう感じが強く、とてもさみしい感じがしました。別の形での再開を願うばかりです。

【活動の様子】

画像 画像 画像

▲トップへ戻る