活動レポート - NPO法人モンキーマジック
活動レポート

活動レポート(2019年01月)

1 2

2019年 01月 30日(水)18:00

受託イベント

【報告】とくしまパラスポーツフェスティバルに参加

1/27(日)、徳島県障がい者スポーツ協会主催「2019 頑張るんじょ! とくしまパラスポーツフェスティバル」に参加させていただきました。

オープニングセレモニーでは徳島県知事に代表小林を紹介していただき、トークセンションのパネリストに登壇、ボルダリング体験の実演とレクチャーをさせていただきました。

会場には徳島市のボルダリングジム Rootsさんの仮設壁が建てられ、地域交流型クライミングイベントを行う阿波ZARUさんの協力のもと、多くの方々にボルダリングを体験していただきました。

障がい者スポーツ理解促進の連携団体としてモンキーマジックを呼んでいただき、ありがとうございました!

ボルダリングジム Roots
http://www.roots.tips/

阿波ZARU
https://www.facebook.com/awazaruclimbing/

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

2019年 01月 28日(月)18:00

受託イベント

【発達障害の児童生徒のクライミング部指導を担当】

発達障害等のある児童生徒を主に対象としたプチ冒険倶楽部は毎年夏に3泊4日のキャンプを開催しています。

当クラブの少人数性プログラムの一環としてクライミング部が立ち上がり、ロープクライミングの指導をNPO法人モンキーマジックで担当させていただきました。
当キャンプにはモンキーマジックの木本が運営スタッフとしてかかわっており、キャンプ内でも人口壁のクライミングを行ったことがありました。クライミングが大好きになってくれた子どもたちが続けられたらと考えて、いよいよクライミング部の設立です。今回は部員5名中3名の中高生男子が参加してくれました。

朝からジムに登場するなりやる気満々!90度の垂壁なら3人とも1回目でさらっと登って見せてくれました。
ロープワークにも興味津々。大人がやっているのをしっかり見て「自分でやるんだ!」とアピール。積極的な部員たちでした。
傾斜のある壁には今回は打ちのめされてしまって、悔しさもにじみ出ていた今回でした。今後ロッククライミングにも挑戦するために、これからも楽しく頑張っていきましょう!

会場を快く利用させていただき、温かく見守ってくださったNOSE町田の店長様・スタッフの皆様、ありがとうございました!

【プチ冒険倶楽部】

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

2019年 01月 28日(月)15:00

主催イベント

入間クライミングスクール開催と2月以降のスクール募集

1月の入間スクールをヒローズアップクライミングクラブの太田さんのご指導の下開催いたしました。ご参加者は視覚に障害のある方5名でした。
スクールを継続してご参加いただいている皆さまで、チームのような雰囲気のスクールでした。来月の日本選手権にご参加される方もいらっしゃいます!いつもの練習の成果を出せるよう、ガンバ!

2月以降のクライミングスクール募集▼
https://www.monkeymagic.or.jp/school
モンキーマジックのクライミングスクールは、初めてクライミングを体験される方や、クライミングの安全指導、スキルアップ等、安全にクライミングを楽しむことを目的として障害のある方、障害者クライミングに興味のある健常者の方を対象に開催します。

【活動の様子】

画像 画像 画像

2019年 01月 25日(金)19:00

受託イベント

【クライミングをツールとした社員研修を担当】

1/17(木)、アウトドアリゾート事業等を運営される株式会社ピカ様の、管理者向け責任者研修と入社数年次向け基礎研修にて、モンキーマジックがクライミングをツールとしたコミュニケーションプログラムの社員研修を担当させていただきました。

株式会社ピカ
https://pica-corp.com

社員研修をご検討の企業のご担当者様、ご興味ございましたらぜひお問い合わせください。

研修メニューについて詳細説明させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら↓↓↓
https://www.monkeymagic.or.jp/entry/inquiry/input

【活動の様子】

画像 画像 画像 画像

2019年 01月 25日(金)

NPO活動

【神戸のみちびクライミングウォールではたらく有給スタッフ募集】

神戸の「みちびクライミングウォール」でクライミングの魅力を一緒に拡げてくれる仲間を募集します!
ご興味もっていただける方、ぜひいちどお問合せください!

〜募集要項〜
◆求める人材
みちびクライミングウォールではたらくスタッフ
・福祉、医療経験不問
・店舗運営、コミュニティマネージャー経験者歓迎
・複業/兼業可
※クライミングレベルは問いませんが、クライミングの魅力を拡げたい、そんな仲間を募集します。

◆仕事内容
みちびクライミングウォールの管理運営、アルバイトのマネジメント、広報、PR発信(SNS運用)

◆勤務体系
・月12日勤務(業務委託契約)
ポートライナー医療センター駅すぐのアイセンター2階 ビジョンパーク内に10日程出勤していただき、残り2日程はリモートワークを予定しています。
・火曜 12:00〜20:00/水曜 12:00〜20:00/土曜 10:00〜18:00

◆報酬・交通費
 経験・能力により決定(交通費片道1,000円/1日迄支給)

◆勤務開始
 4/1スタート(3月中研修期間)

◆勤務地(火・水・土)
〒650-0047兵庫県神戸市中央区港島南町2丁目1
アイセンター2階 ビジョンパーク内
みちびクライミングウォール
ポートライナー 医療センター駅直結

◆「みちびクライミングウォール」とは
iPS細胞を使った再生医療の研究や、最先端の眼科医療からリハビリまで対応する全国初の医療複合施設、神戸アイセンター内のビジョンパークに設置されたクライミングウォール。80度から110度の異なる角度の壁が5面あり、初めての方から経験者まで楽しむことの出来る様々な課題にチャレンジすることができます。また、さまざまなロービジョン(見えない、見えにくい)の人の見え方をシミュレーションゴーグルを使って疑似体験することもできる施設です。

◆お問合せ先
NPO法人モンキーマジック
担当:水谷
info@monkeymagic.or.jp
※本募集は神戸アイセンター・ビジョンパークではなく、必ずNPO法人モンキーマジックへお問い合わせください。

【活動の様子】

画像

2019年 01月 24日(木)14:00

NPO活動

ボルダリングウォールを活用されている整形外科・リハビリクリニックを訪問しました。

北名古屋市(愛知)の整形外科・リハビリクリニックにボルダリングの壁があると聞きつけてお話を伺いに行ってまりました。

訪れたのはここ、「やまだ整形外科・リハビリクリニック」
https://yamada-reha.com/

立派な壁はリハビリ室の一角に、コーナーを使って垂壁とオーバーハング(傾斜あり)の2面ありました。
興味津々で色々うかがうと、理学療法士の皆さんが壁を前に丁寧にどんな活用をしているのかお話しくださいました。垂壁の壁にはよく見ると、左右対称のホールドが配置されており、痛みを持つ人は「左は届くけど右が届かない」という身体の歪みに気づきやすく、ボルダリングを取り入れることで左右のバランスを整える役割もしているとのこと。
また、高齢者の方の猫背、勉強ばかりしている子どもの猫背が原因での痛みに対しても、胸を張るリハビリに適切であり、年齢幅広く楽しく活用されていると、説明くださいました。

ボルダリングの新しい活用法と、さらなる可能性を感じることができた訪問でした。
山田先生、理学療法士の皆さま、ありがとうございました。

【活動の様子】

画像 画像 画像

2019年 01月 23日(水)17:00

NPO活動

ふわく山の会にて代表小林が講演

2019年1月20日(日)

「ふわく山の会」2019年1月例会にて代表小林が講演させていただきました。

ふわく山の会は名古屋を中心に主に40歳以上の方を対象として活動する山の会。

会員数700名以上を誇り、アルパインクライミングからハイキング、そのほか様々な活動を行い今年創立40周年を迎えます。

多くの会員の方が講演会終了後にもお声掛けくださり、中には視覚障害のあるお母さまをお連れになられた会員の方も。

急遽会長に「懇親会しましょう」と言っていただき、会員の皆様との距離もぐっと近くなりました。
今後は尾張でらモンキーなどとも連携出来たらうれしいな、と未来を思いが描ける1日となりました。

ふわく山の会 1月例会「見えない壁だって、越えられる」

【活動の様子】

画像 画像

2019年 01月 23日(水)12:00

主催イベント

【報告】神奈川県ライトセンターにてわくわくキッズクライミングを開催

【開催日時】 2018年 1月 19日(土)

【開催場所】神奈川県ライトセンター

神奈川県ライトセンターにて、わくわくキッズクライミングを開催し、5名の視覚障害の子どもたちとその弟さんたちが参加してくれました。

年末年始で少し体が大きくなった子もいれば、数日前にロープクライミングをして動きやすそうな子もいた年明け初のスクールには、盲学校の先生も様子を見に足を運んでくださいました。

いつもと違ったかっこいいところを見せられたかな。
今年で6年目。当時小学生だった子たちが、高校生になり、いまだクライミングを楽しんでくれている姿を見るととてもうれしく思います。

今来てくれているみんなも、来ることが楽しみなスクールでありたいと思います。

【活動の様子】

画像 画像 画像

2019年 01月 20日(日)

NPO活動

【告知】2/3(日)、日本最高峰のパラクライマーたちの登りをぜひ体感してください!

2/3(日)はいよいよ、パラクライミング日本選手権2019!

日本中から最高峰のパラクライマーたちが一堂に会します!
今年の8月に八王子で開催されるパラクライミング世界選手権の代表選考会も兼ねた大切な大会でもあります。

弊会代表で、現役クライマーの小林幸一郎も視覚障害男子 B1クラスに出場します。
大会連覇に向け、現在懸命に調整を行なっています!

入場は無料です!
今年もたくさんの方に明治大学和泉キャンパスへ応援に足をお運びいただきたいです!

決勝戦は音声ガイドの実況アナウンスをFM放送にて実施いたします。ぜひ、ラジオをお持ちのうえご来場ください!

【大会概要】
パラクライミング日本選手権大会 2019
主催:公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会
日時:2019年2月 3日(日)
9:00 開会式 
10:30- 予選開始
13:00- 決勝開始 
15:00 終了予定

場所:明治大学和泉キャンパス総合体育館(京王線明大前駅から徒歩5分)
〒168-0064 東京都杉並区永福1丁目9−1
部門:視覚障害部門、欠損障害部門、神経障害部門
観戦:無料
※例年かなり冷え込みます。防寒対策・特に内履きのご持参などをオススメします。

【活動の様子】

画像

2019年 01月 17日(木)18:00

NPO活動

【愛盲報恩会片岡好亀賞を代表小林が受賞】

社会福祉法人名古屋ライトハウスの「愛盲報恩会第13回平成30年度表彰者」を、法人代表小林が日本ライトハウス総務部主幹林田茂氏様の推薦により受賞決定し、1/12(土)に表彰式に伺わせていただきました。

 

-  愛盲報恩会第13回平成30年度片岡好亀賞 -

小林幸一郎氏(NPO法人モンキーマジック代表理事)

推薦者:林田 茂氏(日本ライトハウス総務部主幹)

選考理由:大学を卒業後アウトドア関連会社に就職し順風満帆にみえた1996年28歳の時に網膜色素変性症を発症。大きな衝撃のなかでロービジョンクリニックに出会い、「治す」ことでなく「現状でできることをどう生かすか」と考え、高校時代からずっとやってきたクライミングでなにかできないかとNPO法人モンキーマジックを設立。受障後数々の大会で優勝した経歴を生かし、障害者向けクライミングの活動を展開し、視覚障害者スポーツの新分野を拓き、今後益々の活躍を期待して受賞決定となりました。

 

決定のご報告 | 愛盲報恩会 | 社会福祉法人名古屋ライトハウス

http://nagoya-lighthouse.jp/news/repayment/entry-212.html

【活動の様子】

画像 画像

1 2

▲トップへ戻る