【報告】海浜幕張にてロープクライミング体験・練習会を実施しました。 - レポート詳細 - 活動レポート - NPO法人モンキーマジック

レポート詳細

2020年 07月 29日(水)19:00

主催イベント

【報告】海浜幕張にてロープクライミング体験・練習会を実施しました。

7月の海浜幕張でのロープクライミング会は、7名にご参加いただきました。
その内、車椅子ユーザーの方々は4名ご参加いただきました。

足が使えない方はクライミングは腕だけで懸垂をするように登ることになります。

「よく参加してみようって思ってくれたなぁ」というのは、正直なスタッフの感想でした。


そこで、どうして参加してみようと思ってくれたのか聞いてみました。
「他の車椅子クライマーの方のSNSを見て、やってみたいと思いました♪」
「健常者がやっているクライミングを観て、私も前からやってみたいなぁと思ってました。」
「怪我をする前に、やっていたことがあって、怪我してもできるのか、楽しめるのか興味があってきました」
「車椅子スポーツだと、専用車椅子を準備したりすることも多いですが、クライミングは始める時に特に何もいらない。しかも車椅子から降りて行うスポーツ!車椅子ユーザーは参加しやすいのでは?」

等、参加動機はそれぞれ。それぞれの「好奇心」が共通して参加に繋がったことが分かりました。

そして、体格や筋力、また身体的に腹筋が使えたり使えなかったり、生まれつきか中途での障害か、と皆さんそれぞれです。
でも【挑戦すること】は一緒。ロープをつけて、ゴールを目指してもらうこと。ただ、懸垂のみで腕で体重を引き上げて登るのは、肩の負担等もありますので、本人の希望を確認しながらロープの張りで登りをサポートすることもあります。


ー終わった後の感想は???ー
「視覚障害や車椅子でも、健常者と同様に楽しめるスポーツだと感じたし、ゴールまで到達した時の達成感がスゴい楽しかった。」
「絶対登れないと思っていましたが、サポートがあり、意外とやってみたら登れ、まさか次はもっと上に登りたくなる感覚が意外でした」
「今回初めて視覚障害者の皆さんがクライミングをするところを目の当たりにして、大変良い刺激を受けることができました!!」

上・下肢に障害のある方々にも、改めてもっともっとクライミングを楽しんでもらいたいと感じた、6月のロープクライミング会でした。


ご参加いただいた皆さん、サポートいただいた皆さん、ありがとうございました!

【活動の様子】

画像 画像 画像

▲トップへ戻る