活動レポート - NPO法人モンキーマジック
活動レポート

活動レポート

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

2018年 08月 16日(木)18:00

主催イベント

【報告】第77回マンデーマジック東京を開催

【開催日時】2018年8月13日
【開催場所】エナジーボルダリングジム高田馬場(東京都)

毎月第2月曜日に、高田馬場のエナジーボルダリングジムで開催しているマンデーマジック東京。今月は44名(内、視覚に障害のある方13名、聴覚に障害のある方5名、その他の障害の方2名)にご参加いただきました。

視覚に障害のある方の参加がいままでで最も多く、お盆期間中の開催ということもあり、この機会に都合をつけて来ていただけたお久しぶりの方々とも再会できたイベントとなりました。

 

代表小林の挨拶では、8/25(土)に法人設立14年目に突入すること、サポートグッズのCHUMS(チャムス)新商品受付開始とサンプル展示の案内、オーストリアで開催されるパラクライミング世界選手権出場まで1ヶ月を切った近況を報告させていただきました。

 

そして、今月の「第17回多様性を考えるプチ講座」のゲストは、パラクライミング世界選手権日本代表のひとり、浜之上文哉さん。

通称ビーチと呼ばれている未来の世界チャンピオンの浜之上さん。
クライミングを始めて約2年半。きっかけはマンデーマジックに参加して、イベントの雰囲気に共感し、同じ目の病気がある代表小林さんの、障害者だけでなく幅広く様々な方に豊かさを伝えている姿を見て、同じように自分もなにか伝えていきたいと思いました。

クライミングに没頭するきかっけになったのは、モンキーマジックのイベントに参加している方それぞれが自立していて、自分自身もなにか与えてもらうだけでなく、与える側になりたいと感じたことでした。誰かに誇れるくらい、自分もこれだけ頑張ったと思えるものが欲しいと思ったとき、目の前にあったのがクライミングでした。

オーストリアで開かれる世界選手権出場まで1ヶ月を切ったなか、現在はトレーニングだけでなく、渡航費用の捻出に向けても活動しています。

クライミングはスポーツとして流行っているものの、まだまだマイナースポーツ。選手それぞれが自費で渡航費を捻出する必要があり、若い世代、次の選手が現れるのが難しいのが実情です。アスリート自身が、この実情を伝えていく必要性も感じ、インターネットを通じて渡航費の支援をしていただくクラウドファンディングを行っています。

現在90名近く、60万円ほどの支援をいただいておりますが、目標金額100万円にはまだまだ支援を必要としています。背景には、選手1人の渡航費用だけでなく、もう1人、視覚障害者の選手は背中からホールドの位置や形を教えてもらうナビゲーターも一緒に渡航する必要があり、100万円の目標金額を目指しています。そんな現状も含めてみなさんに知っていただけるように、プロジェクトに挑戦しています。

素敵なリーフレットをモンキーマジックのスタッフうっちーに作成いただきました。
寄附いただいた方には、マンデーマジック横浜のイベントが開催されているクライミングジム、ライズの常連さんにデザインいただいたオリジナルグッズも準備しています。
グッズはトートバッグやTシャツで、オーストリアの国花「エーデルワイス」を掴んでいるデザイン。エーデルワイスの花言葉は、勇気・忍耐・大切な思い出、などの意味があり、みなさんと一緒に、世界ーの瞬間を、大切な思い出を刻みたいです。

 

目指すは優勝一択!

 

二年半で優勝なんて、という方もいらっしゃるかもしれませんが、不可能とか、困難といわれるものを、障害者自身の僕が乗り越える瞬間をみていただくことで、いまいろんな環境やいろんな理由でコンプレックスを抱えている方、生きづらさを抱えている方へ、前向きなモチベーション・原動力に変えられるようにもなっていきたいと思っています。すこしでも共感いただけるかた、ぜひサポートしていただきたいです。

 

ビーチが挑戦中のクラウドファンディングのサイトには、彼の想いがたくさん詰まっています。みなさまぜひ活動の詳細をご覧ください。

https://camp-fire.jp/projects/view/78239


さて、次回のマンデーマジックは9月10日(月)に開催です!
小林はじめ日本代表選手はオーストリアで奮闘 中!日本もマンデーマジックでクライミングを盛り上げていきましょう!ご参加、お待ちしております!

画像 画像 画像 画像

2018年 08月 16日(木)

主催イベント

【報告】夏のスペシャルアウトドアスクール@小川山(長野県)を開催

【開催日時】 2018年 08月 04日(土) 09:00
【開催場所】小川山(長野県)

2018年夏のスペシャルアウトドアスクールは、小川山にて開催しました。
スペシャルということで1泊2日の泊まりがけで参加者さんにクライミングを体験していただく不定期開催のアウトドアスクール。

お天気にも恵まれた中、ご参加者は7名(内、視覚に障害のある方3名)の方でした。
小学4年の男子から77歳の女性まで、幅広い年代に加え、初めてロッククライミングをされる方がなんと5名という顔ぶれとなりました。

ちなみに、77歳の女性は小林代表の母。
3年前にクライミングを始め、今回は満を持してのスクール参加となりました。
いつもニコニコ、チャレンジ精神旺盛な代表小林の母の頑張りに、参加者の誰もが力づけられました。

指導者の鈴木直也さんの愉快でやる気の出る講習の中、それぞれが思い思いにクライミングと自然を満喫した二日間でした。
以下は、初ロッククライミング参加の全盲の男性から素敵な感想が寄せられたのでご紹介します。

--ここから

おかげさまで初の外岩を体全体で感じることができました。室内のジムとはまったく異なる感覚は少し不思議なものでした。
自分の呼吸の音が妙に大きく聴こえて、それが周囲の自然、例えば川の流れや鳥のさえずり、虫の声などと混ざり合い、自然と一体になれているような感覚は誠に新鮮でした。

登り方もジムに比べ、たくさんの選択肢があるように感じ、思い思いのやりかたで上を目指せばいいのかなと思いました。
とは言え、やはり壁までのアプローチは想像以上にきつかったです。
コバさんのお母さんはすごいの一言に尽きます。

--ここまで

モンキーマジックのスクールの今後の日程は、こちらより確認できます。
https://www.monkeymagic.or.jp/join

画像 画像 画像 画像

2018年 08月 11日(土)

受託イベント

【報告】わくわくサマースクール(大阪府堺市)にてボルダリング指導を担当

堺市障害福祉プラザが開催している「わくわくサマースクール」は、夏休みに地域の子どもたちを対象に障害について学んでもらうイベントで、障害のあるなしに関わらず参加することができます。
モンキーマジックは、ボルダリングを通じて視覚障害やパラクライミングをはじめとしたパラスポーツについて知ってもらうためのイベントで指導を担当させていただき、今年で4年目となります。
今年は8/11(土)に開催され、20名を超える子どもたちが参加してくれました。

子どもたちはブラインドクライミングの世界チャンピオンと一緒に目を開けてや目隠しをしてボルダリングを体験する中で、たくさんのことに気づいたようでした。視覚障害者の誘導の仕方なども体験してもらいました。
この日に体験したことが、日常の生活で活かされることを願っています。

画像 画像 画像

2018年 08月 09日(木)

NPO活動

【報告】長野県佐久市のClimbing Gym SORANIを表敬訪問しました

長野県内で唯一モンキーマジックの寄付型自動販売機を設置いただいているクライミングジム、佐久市のClimbing Gym SORANIを代表小林が表敬訪問させていただきました。

当日は県内最大級の広々とした施設で子どもたちの講習会を実施させていただき、オーナーご夫妻や来店されていたお客様にも御覧頂いている中、代表小林による視覚障害クライミングプチデモンストレーションもやらせていただきました。
皆さま、お近くにいらした際はぜひクライミングを楽しみにSoraniにお立ち寄りください!

なお、SORANIでは近日小学生を対象としたコンペが予定されており、現在参加者募集中とのことです。
小学生の皆さんはこの機会にぜひコンペにも挑戦してみてください!

【Climbing Gym SORANI|ソラニ】
https://cg-sorani.com/

 

 

 

画像

2018年 08月 07日(火)

NPO活動

【報告】府中市(東京都)の「WEST ROCK府中店」様に寄付型自動販機を設置いただきました

「障害者クライミング普及の支援になるなら!」と、「でもスペースがないんだけど。。。」と、試行錯誤していただき、東京都府中市の WEST ROCK 府中店様にモンキーマジックの寄付型自動販売機を設置いただきました。
ちょっと珍しいミニサイズの自販機です。

ブログでもご紹介いただき、素敵な応援メッセージもいただいています。

夏休みやお盆休み、府中や調布にお越しの際には、「WEST ROCK」で登りましょう!

【WEST ROCKブログ|Monkey Magic 寄付型自動販売機 設置しました!】
http://www.westrock-climbing.com/weblog/2018/07/30/29801/

画像

2018年 08月 07日(火)

NPO活動

【告知】CHUMSとのコラボレーションバッグ2018のご紹介!!

皆さま、お待たせいたしました!

アメリカのカジュアルアウトドアブランド「CHUMS(チャムス)」とモンキーマジックのコラボレーショングッズ2018年モデルの寄付受付を開始いたしました!

2012年から始まったこのコラボ。
今年で7年目を迎え、毎年新しいデザインが発表されてきました。
ご寄付いただいた方へ返礼品として差し上げており、寄付は視覚障害の児童生徒や大人を対象としたインドアジムや自然の岩場を利用したクライミングスクール、障害のある方もない方も共に楽しめる交流イベントの定期的な企画運営、講演会や体験会の実施など様々な普及啓発活動へ使われます。

モンキーマジックが年間60回以上開催するスクール・イベントには幅広い年代の障害者・健常者のべ1,000人以上が参加しており、また、交流イベントは、活動に共感してくださる有志の方々によって近年全国へ広がりを見せています。

今年はラインナップが強力に、<デイパック><トートバッグ><ショルダーポーチ><シェルポーチ><カードケース><ペットボトルホルダー>のなんと6種類!
モンキーマジックの目指すポップでハッピーなコラボグッズです!

カードケースにはボルダリングジムの会員証やコインを入れて、お気に入りのドリンクはペットボトルホルダーに、そしてシェルポーチにはテーピングや爪切りを入れ、クライミングシューズやハーネスと一緒にデイパックやトートバッグにポン、と入れてクライミングをより楽しく!!

各商品のメイン生地はネイビー色のスウェット、赤色のパーツ生地はリサイクルポリエステル糸で作られたCORDURA® EcoMade(コーディラコメイド)を使用し、磨耗・引き裂き・擦り切れに強く、日常生活での使用に耐え、長持ちするように作られています。

各アイテムのタグやファスナー部分に施されている「NO SIGHT BUT ON SIGHT」という文言と点字のデザインは、「見えなくても(=NO SIGHT)、一度で登りきれる(=ON SIGHT)」というNPO法人モンキーマジックのスローガンです。ファスナーチャームは、視覚障害者もファスナーを見つけやすいようにと配慮したデザインでもあります。

・デイパック ¥12,000以上
・トートバッグ ¥8,000以上
・ショルダーポーチ ¥6,000以上
・シェルポーチ/カードケース/ペットボトルホルダー ¥3,000以上のご寄付でお一つ差し上げます。
(※2018年8月21日火曜日からの発送となります。)

自分へのご褒美や、クライミングの好きなあの人へのギフトにもぜひ!
皆様からのご支援、お待ちしております!

寄付受付はこちらから▼
https://www.monkeymagic.or.jp/order/support-goods/input

画像 画像 画像 画像

2018年 08月 04日(土)

主催イベント

【告知】8/22(水)真っ暗闇で楽しむ「くらやみ落語会」今年もモンキーマジック共催で開催!

【開催日時】 2018年 08月 22日(水) 18:00
【開催場所】co-ba shibuya(東京都)

今年もNPOモンキーマジック番外編!
夏真っ盛りの8月22日(水)に、立川志の彦さんによる「くらやみ落語会」開催します!!
このイベントはクライミングではなく、その名の通り、会場を真っ暗にして自分の感覚を頼りに、落語を「聞く」会です。

 

ちょっとした懇親会もご用意している大人の落語会。「まっくら」になる時間があります。
真っ暗闇のなか、自分の感覚だけを頼りに五感を研ぎすませて、人間の情を味わう贅沢な時間を過ごしてみませんか?

今年も、アクセシビリティの高いイベントとして、どなたでも楽しんでいただけるイベントとなっております。

 

 【立川志の彦さんよりメッセージ】

落語は『見る』でなく、『聞く』といいます。

歌うように語り、聞き手に気持ちよく聞いてもらうことが大切です。 

お客様を眠らせるようになったら一人前だ。へたくそなやつの芸は耳触りで眠れない。と、言われているほどです。 

落語は言葉だけで世界を作る芸です。 ですから環境がとても大切で、 携帯電話の音や、関係のない音がひとつするだけで、噺の世界は崩れてしまいます。

以前、視覚障害の方が落語を聞きに来てくれたことがありました。

お世辞かもしれませんが、とても楽しかったと言ってくれました。

彼らはよくラジオやCDで落語を聞くそうで、落語が好きな人は視覚障害者の中にはたくさんいるそうです。 

そのとき、 暗闇で落語をやったらどうなるのだろう? と、ふと頭に浮かびました。 

真っ暗にして、演者の言葉だけしか情報が与えられない環境で落語をやったらどうなるんだろう。 

噺の世界のより深いところまで入りこめて、大爆笑が起こるのか? 

それとも、シーンとして笑い声は起こらず、志の彦が暗闇の世界で一人ぼっちの迷子になるのか? 

それとも、終演後、明りをつけたら全員が寝ているという奇跡が起こるのか? どんなライブになるかは予測不能です。

すべてが真っ暗闇の中での落語という構成ではございません。 

ちゃんと笑って楽しんでいただける楽しいイベントにいたしますので、 大人の夏休みの自由研究として、ぜひご参加ください!

 

<立川志の彦>

落語立川流 立川志の輔一門。
1983年5月28日生まれ。
2007年10月 立川志の輔に入門。
2014年4月に二ツ目昇進。

 

毎月渋谷にあるミニシアターUPLINKにて開催している『立川志の彦落語会 in UPLINK』は
毎回満員になる人気公演!普段落語に馴染みのない若い世代もたくさんライブに足を運んでいます。
子どもからご年配の方まで落語の楽しさを伝えるために日々精力的に活動中の若手落語家!

http://shinohiko.com/

 

 

【 開催概要 】

■ 日付:2018年8月22日(水)
■ 時間:19:30開演(19:15開場) 21:30~ 懇親会
■ 参加費:3,500円
■ 定員: 35名程度
■ 会場:co-ba library(co-ba shibuya 6F) https://co-ba.net/shibuya/access/
■ お申し込み:下記のフォームよりお一人ずつお申し込みください。

https://kurayamirakugo2018.peatix.com/

 ※ Facebookの参加ボタンだけではお申し込みになりませんので、ご了承ください。
※ Peatixでの購入が難しい方は、info@co-ba.net までご連絡ください。

■ 注意事項:
・公演中、会場を真っ暗な状況にする時間帯があります。
・演出の都合により、途中入場の受付を制限させていただく場合がございます。
・当日、アイメイト(盲導犬)も来場予定です。(動物アレルギーなどある方、ご相談ください。)

 

【共催】<co-ba shibuya>
co-ba shibuya(コーバ 渋谷)は、渋谷駅新南口徒歩3分の会員制シェアードワークプレイスです。起業家、WEBデザイナー、エンジニア、コピーライター、放送作家、イラストレーター、グラフィックデザイナー、写真家、建築家、公認会計士、NPO関係の方など、様々なジャンルの方が集まり、場所を共有するだけではなく、コミュニケーションやコラボレーションを行いながら、それぞれのチャレンジを実践していく場所です。

http://tsukuruba.com/co-ba/shibuya/

画像

2018年 08月 01日(水)

受託イベント

【報告】千葉県の小学校で代表小林が講演を実施

西武台千葉中学校(千葉県野田市)の全学年対象とした福祉教育のゲストスピーカーとして代表小林が登壇しました。

同校では毎年聴覚、視覚、四肢など身体障碍の種別ごとのテーマを設け、全学年共通の福祉教育を行っているとのこと。

150名ほどの生徒さんの熱の入れ方が印象的な学校訪問で、彼らが大人として社会に出てゆく日が楽しみです。

 

【Say,Hello! | 西武台千葉中学校・高等学校|千葉県野田市】
https://www.seibudai-chiba.jp/

画像

2018年 07月 25日(水)

主催イベント

【報告】神奈川県ライトセンターにてわくわくキッズクライミングを開催

【開催日時】 2018年 07月 21日(土) 10:00
【開催場所】神奈川県ライトセンター

7月のスクールは、午前と午後の部あわせて5名の視覚障害の子どもたちが参加してくれました。
ライトセンターに来るだけでも汗だくになるような気候の中。
ホールドがしっとり、色が汗で変わるほどでした。

いつも、最後に行っているラストチャレンジ。
この時間は、子どもたち自身が決めた目標に、2回までトライするチャンスを設けています。
今日は人数が少な目だからと時間に余裕を見ていたつもりでしたが、みんな粘り強く壁にはりつき、終了時間をオーバーする勢いでした。

 

さて、いよいよ夏休みスタート。
外遊びは控えたほうがいいほどの暑さですが、8月のスクールでは子どもたちが運動不足でカラダが重く感じてしまわないよう祈っています。

画像 画像 画像

2018年 07月 19日(木)

受託イベント

【告知】7月22日(日)に福島県で開催されるシンポジウムにて代表小林が講演

以下の日程で福島県郡山市で行われるシンポジウムにて代表小林が講演を行います。
お近くの皆さま、ぜひ足をお運び下さい。

 

【福島県ロービジョンネットワーク第23回フォーラム|開催概要】

http://fukushima-lovinet.com/kongonoyotei3forum.htm

2018年7月22日(日) 10:00~12:45

会場:郡山市 総合南東北病院内 大講堂 

 

テーマ:障害者とスポーツ

「重度障害者が野球をやりたいですって? 野球は夢を育むのです」
東京 竹川病院 ハウスキーパー      
東京ロッキーズ 元代表   石崎 隆

「見えない壁だって、越えられる」
NPO法人 モンキーマジック 代表理事 小林 幸一郎

ビデオ 「サウンドテーブルテニスは楽しい!」

 

参加費:500円 事前登録は不要です。

画像

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

▲トップへ戻る